本文へ移動

きずなブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

医療専門学校の学生研修開始

2020-05-20
皆さんお元気でしょうか?
きずな訪問看護リハビリステーションのブログがしばし、休憩をしておりました汗
 
新型コロナウィルスが全国的に蔓延したことにより、当事務所でも再度職員同士で危機管理を
怠らず、訪問に出向くご利用者宅へは最善の注意をはらってきました。
そして現在は、日常を取り戻しつつあります。
きずな訪看では、GW明けから医療専門学校の学生さんが2名
実習のため来ています。
看護師や療法士が、利用者宅訪問の際に同行しています。
訪問前は情報収集、訪問後は担当者に質問を行うなど、積極的に学びを深めています。
その姿勢が初々しくもあり、頼もしくもあります。
今回のように新型コロナウィルスが流行する中、将来医療機関で働く学生さんたちは、
未来の救世主です。
学生さんを見ていて、私自身も改めて社会へ貢献する意味を考えさせられました。
残りの日数、学生さんが、学びを深められように
私に出来るサポートをしていきたいと思います。
きずな訪問看護リハビリステーション
吉中

健康を守るために

2020-03-10
皆さんこんにちは。
言語聴覚士の松本です。
季節の変わり目ですが、皆さん体調を崩されていませんか?
世間ではもっぱら新型コロナウイルスの話題で持ちきりですね。
様々なイベントの中止や休校措置など、通常の生活とは言えない様々な措置が打ち出され、困惑と不安を抱えながら生活されているのではないかと思います。
私たちが具体的にできることは、手洗いうがい・アルコール消毒などの予防と、体の免疫力をつけることだと思います。
帰ったらまず一番に手を洗う、咳が出たらマスクをする。十分な休養と、バランスの良い食事を取り、免疫力をつける。
こうした一人一人の意識と行動が、自分はもちろん、大切なご家族や周りの方の健康を守ることにも直結すると思います。
こういう時だからこそ、大切な人と自分を守るためにも、思いやりの気持ちを一人一人が持ち、皆で病気に負けない体づくりをしていきましょう!

きずな訪問看護リハビリステーション
言語聴覚士 松本

日々の運動

2020-02-25
こんにちは。
作業療法士の川田です。
 
今年は暖冬で過ごしやすい日もありますが気温差も大きく体調崩しやすい天候が続いています。皆さん体調は崩されてないですか?
暖かい日には利用者様と屋外歩行をしたり自主訓練で散歩をされている方もおり今年の冬は運動しやすい気候となっています。
 
僕も運動しようと思い立ち、最近こどもに教えるついでに水泳をしています。昔水泳を習っていたので久しぶりに泳いでも体が覚えていました。
しかし体力は落ちており少し泳いだだけで疲労感いっぱいでした。利用者様にも続けることが大事と言っているので続けていけるよう頑張ります。
 
 
作業療法士 川田

感染症対策

2020-02-14
暖冬で暖かさが続いていたところでの寒波襲来。
寒さで体調を崩されていないでしょうか?
先週は鳥取市内もうっすらと雪が積もりましたが、
週が明けて寒さは続いていますがすっかり雪も溶けました。
 
世間は新型コロナウイルスの話題でもちきりですが、
咳エチケット、手洗いうがい、マスクの着用、アルコール消毒など普段からの
感染症対策を継続していることが重要なようです。
インフルエンザなど毎年流行の感染症の予防にも、休養、バランスの良い食事、
手洗いうがいなどを行い、ウイルスに負けない体づくりをしていきましょう!
 
きずな訪問看護リハビリステーション
理学療法士 榮

みなさんありがとう

2020-01-28
遡ること10年前です。
看護学生だった頃、地域で活躍する看護師さんを見て「訪問看護の仕事ってかっこいい」
と思いました。
病気と向き合いながらその人らしく生活することを支える訪問看護の仕事は、まさに私が目指していた看護師像でした。
そのため、ある程度病院で経験を積んだら、訪問看護の道に進むことを決めていました。
そして苦節の末、3年前に念願の訪問看護師になりました。
 
やっとここまでこれたという嬉しい気持ちと、私にできるだろうかという不安が入り混じっていましたが、持ち前のなんとかなる精神で頑張りました。
振り返ると楽しいことばかりではありませんでしたが、たくさんの方からパワーを貰って、とても充実した日々を過ごせました。
中でも、訪問先で利用者の方やご家族と関わる時間が癒しであり、とても好きでした。
ですが今回、名残惜しいですが、思い切って新しい分野に挑戦することを決めました。訪問看護で学んだことを活かし、頑張っていこうと思います。
皆さん、本当にありがとうございました。
 
きずな訪問看護リハビリステーション
看護師 梶 みなみ
TOPへ戻る