本文へ移動

Reウォーク・ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ストレスに要注意!

2021-02-08
カテゴリ:業務

こんにちは。理学療法士の植田です。

 

コロナウイルスの感染拡大により1月より一部地域に緊急事態宣言が行われ、鳥取県内においても連日陽性者が確認されています。

 

緊迫した社会情勢の中、感染予防の対応、外出や宴会の自粛などで、私自身も含めてストレスが溜まってきていると感じられる方も多いと思います。

 

そこで今回は、ストレスへの対処方法である、ストレスコーピングについて紹介していきます。

 

そもそもストレスというのは、外部からの刺激などよって体の内部に生じる反応のことをいいます。また、その原因となる外的刺激(ストレッサー)も含めてストレスと呼ばれています。

 

ストレスコーピングとは、ストレッサーにうまく対処しようとすることであり、①問題焦点コーピングと②情動焦点コーピングの2つに分けられます。

 

①問題焦点コーピング

問題焦点コーピングとは、ストレッサー自体に働きかけ、問題を解決しようという考え方です。

例えば、対人関係がストレッサーである場合、相手の人に直接働きかけて問題を解決するような対処のことを指します。

 

②情動焦点コーピング

情動焦点コーピングとは、ストレッサーそのものに働きかけるのではなく、それに対する自らの考え方や感じ方を変えようとすることをいいます。

例えば、対人関係がストレッサーである場合、それに対する自分の考え方や感じ方を変えるような対処を行います。

 

ストレッサーそのものが対処によって変化可能な場合は①を用い、ストレッサーが対処によっても変化可能でない場合は②を用いると良いと考えられているそうです。

 

どちらのコーピングを用いるにしても、まずは自分の内面と向き合って、今自分が感じているストレスの原因を知ることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに私の場合は、昨年末に結婚したのに新婚旅行に行くことができないストレスのコーピングとして、自宅で快適に過ごすことができるソファーを買いました。この場合はどちらかというと情動焦点コーピングになるのでしょうか…?

 

以上、お読み頂きありがとうございました。

 

 

(参照)厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイトe-ヘルスネット

介護福祉士の小林です

2021-01-18
カテゴリ:日常

明けましておめでとうございます。介護福祉士の小林です。

 

年末年始はよく雪が降り、雪かきが大変でしたね。今年の正月はいつもの様に家族が集まって迎えることが難しい方がおられる中、子供全員集合、孫合わせて12人と賑やかな正月となりました。

 

孫が4人も集まると、大声を出す子、泣く子、おもちゃで遊んでいる子、家中大騒ぎで元気の良い孫たちでした。

 

今年はもう1人孫が増える予定で男の子と聞いており、まるで団子三兄弟です。まだまだ孫育て真っ最中。

 

昨年は、私にとって色々な出来事がありました。コロナ禍ではありますが、今年はいい年になる様頑張ります。

皆さんもどうかお身体大事に。

 

介護福祉士 小林

あけましておめでとうございます

2021-01-07

皆様あけましておめでとうございます。

介護福祉士の平尾です。

コロナ禍での年末年始となりましたが、いかが過ごされたでしょうか。

 

私は毎年祖母の家で過ごしていたのですが、今年はそれも無くなり例年に無い年越しとなりました。今年もお年玉をあげる子供がいなくてほっとしています。

 

そんな中ですが、Reウォークは1/4より感染対策を徹底しながら営業させて頂いております。おかげさまで今年で3年目を迎える事が出来ました。今後もご利用者様の生活に寄り添えるようサポートさせて頂きますのでどうか宜しくお願い致します。

 

介護福祉士 平尾

柚子のジャム

2020-12-22
カテゴリ:日常
介護福祉士の中村です。
雪も少しずつ溶けてきましたが、また年末に降るのでしょうか。
ご利用者様方も寒い中
元気に来てくださり、笑い話も交えながらリハビリに励んでおられます。
先日柚子の話になり私も柚子ジャム作りに挑戦してみました。
種をだしたり身を細かく切ったりと割と大変でしたがなんとか上手く作れたような、、
季節のものを食べるのも大切ですね。

気が付けばもう12月

2020-12-11
カテゴリ:日常,業務
こんちには。介護福祉士の景山です。
 
気が付けばもう12月。コロナ禍でなのか…あっとう間に1年が過ぎようとしているように感じます。皆さんはどんな1年になりましたか?
 
 今までにないコロナ禍の現在、今までとは違う生活スタイルに変化しつつあります。私には何ができるか考えていますが、何が良くて何が悪いのか…常に自問自答しながら過ごしています。マスクや手洗い、消毒、一定の距離を保つ、大声は控えるなど小さな事を積み重ねてコロナ禍を乗り越えていきたいですね。
 
 話は変わりますが、先日、若桜線全線開通90周年感謝祭が開催され、初めて若狭鉄道の昭和号・八頭号・若桜号に乗車、SLトロッコにも乗車してきました。この日は天気も良く、汽車から眺める景色は最高で、山々の木々も色づいていてとても綺麗でした。普段は送迎時に見る程度でしたが、この日は汽車を目の前に興奮。内装は和を取り入れていて高級感もあり落ち着きのある空間でした。鳥取の良さを再発見する事ができ、良い経験をさせてもらいました。コロナ禍ですが、少しでも生活にメリハリ(変化)をつけて、気分転換しつつ幸せな時間を過ごしたいものですね。
 
 これからクリスマスや大晦日、お正月を迎えますが、今までにないイベントスタイルへ変化していくことと思います。新しいスタイルでの楽しみ方で、閉じこもり過ぎないよう適度な運動、十分な睡眠、バランスの良い食事を心がけてウイルスに打ち勝つ体力や免疫力を保っていきましょう。
TOPへ戻る