本文へ移動

家族ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

鬼のお面づくり

2019-02-04
2月に入り4月並みの暖かさが続く日もあれば本当に寒い日もありますね。
体調管理を気を引き締めて行いたいものですね。
 
さて今回は2月3日の節分に向けて鬼のお面づくりを行いました。
お面は2種類あり、色を塗るものと画用紙のみで角や目をくっつけたりかいたりするものです。
 
子どもたちがそれぞれ選び制作を行いました。
今回はお面をつけて写真を撮影し、そのお面を
トイレットペーパーの芯につけて豆まきようにしました。
 
今回も個性がたくさんあふれています。
また成長を感じたりする一面も見ることができました。
ひとり一人考えてペンを握っています。何がどう書いてあるのか楽しみながら見させていただいています。
 
写真は作品コーナーに展示しています。
展示が終わり次第お家に持ち帰っていただきますので
楽しみにお待ちください。
 

書初め

2019-01-22
年が明け、あっという間に1月中半となりました。
 
インフルエンザが大流行を迎えていますが皆さん体調にお変わりないでしょうか。
換気・手洗いうがい・加湿・咳エチケット・休養
様々なことをし、インフルエンザにかからないようお気をつけくださいね。
 
さて、家族のきずなでは新年から子供たちの活動として「書初め」をしています。
絵を書く子、言葉を書く子、模様を書く子。様々な案があり
やはり子供の発想は面白く自由で素敵だなと感じさせられる活動となりました。
 
慣れない筆を使い仕上げる姿、は集中して考えとても美しい姿でした。
 
家族のきずなの掲示物にて鑑賞することができます。
お迎えの際、おこしの際には子供たちの自由な作品をどうぞご覧ください。

新年のご挨拶

2019-01-07
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ家族のきずなをよろしくお願いいたします。

さて、4日の今年最初の利用をした子供たちと一緒に倉田神社へ初詣に出かけました。
お賽銭をもってみんなとっても笑顔で参ってきました。
 
倉田神社は階段も少なく、スロープもあるのでバギーの子供たちも
気軽に足を運ぶことができました。

他にもたくさんの人でにぎわっていました。

子どもたちは何をお願いしたのかな?

今年も皆様にとって良い一年でありますように。

クリスマス会開催

2018-12-17
本日よりクリスマス会を実施しています。
お子様たちはいつもおやつがあるのですが、今日はなんとケーキ。
「うわ~!!」「おいしそう!」と喜ぶ姿が見られ美味しそうに頬張りながら食べてくれました。

ケーキを食べるとみんなでクリスマスの歌を歌い
スタッフが「みんな?サンタさんに会いたくない?」と声をかけ
みんなで大きな声でサンタさんを呼び登場しました。
サンタさんは大きな袋を持ちひとりひとりにプレゼントを配り終えると
一人ずつと記念に写真を撮ってくださいました。
照れながら撮る子やノリノリで撮る子。
プレゼントをもらうときに自分の番はまだかなまだかなと
もらえるのか不安な表情を見せる子。
本当に楽しそうでスタッフ一同うれしく思いました。
サンタさんとの写真はまた後日お配りしたいと思います。

今週はクリスマス期間です。
毎日家族のきずなにはサンタさんがやってきてくれます。
ささやかではありますがお受け取りください。

本年も残すところあと少し。
やり残したこと、悔いがないように過ごしたいですね。
 
 

お手伝い

2018-12-11
昨日12月生まれのお子様の誕生日会を開きました。
家族のきずなのお誕生日会はハッピーバースデーの歌に合わせてハンドベルを奏でます。

それぞれ音が違い、鳴らし方も違いますので毎回音色には楽しませてもらいます。
今回は主役のお子様。とても嬉しそうにリンリンと鳴らしてくれました。
子どもたちの笑顔には本当に癒しをいただいています。
 
プレゼントを渡す際、お友達からお友達へ。
お互いが照れあいながら渡す姿も日常ではあまり目にすることは少ないです。
緊張したり、照れたり、司会をしてみんなの前に立ってみたり。
色々な機会を子どもたちと学んでいけれるといいですね。

誕生日会の後は子どもたちが洗濯物を干してくれました。
指の細かい動きが苦手な子はとても良いリハビリになります。

しっかりとしわを伸ばして干す動作、広げる動作、洗濯ばさみを挟む動作。
少し声をかけるだけで子どもたちの意識は変わり、なかなかうまく干せない子も
頑張ってくれます。

ありがとう、と声掛けをかけてもらうと達成感にもつながりますね。
どんな言葉をかけてあげるのが一番良いか、どう伝えれば理解してもらえるか、
日々子どもたちとともに成長です。

ちらちらと雪を目にする季節となりました。
体調を壊されないようお気をつけくださいね。
 
TOPへ戻る