本文へ移動

家族ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

手作り紙芝居

2018-12-03
12月に入りますます寒さが増してきたように思います。

さて今回は手作り紙芝居ができあがりましたので紹介したいと思います。
日頃臥床しているお子様たちが家族のきずなにはたくさんおられます。
バギーに乗って過ごす時間も多いですが注入後などは臥床で過ごす時間があります。その際にスタッフは絵本を読んだりするのですが絵本を読むのは態勢上スタッフも読みにくく、見ているお子様も見にくいのではないかと看護師の中谷が作り上げてくださいました。
スタッフも読みやすくなんといっても何人か同時にお話を聞くことができます。
とても素晴らしいとスタッフでは思いました。
いかがでしょうか?
レパートリーはまだありませんが今後とも増やしてお子様に読んでいけたらと思います。

臥床しているお子様はバギーに乗ったりして過ごすこともありますが、こちらにバギーがない場合はクッションチェアを用いて座っていただくこともしています。身体に拘縮などがあり、座りにくいお子様にはクッション等を用いて楽な体制になるようサポートさせていただいております。

これからもお子様が楽しみながら過ごしていただけるようサポートしていきたいと思います。
 
 
 
 

シャボン玉

2018-11-19
ぐっと冷え込む季節となってきました。
皆様体調にお変わりなくお過ごしでしょうか。
 
さて、家族では暖かい日は外で活動できないかと毎日試行錯誤です。
 
今回も前回同様、行わなかった子供たちとシャボン玉を行いました。子供たちはとても喜び、笑顔で触ろうとしたり、口でパクパクしようとする子、キャッキャ言って楽しむ子様々でした。室内ばかりで遊ぶより、外の空気にふれのびのびと遊べる時期も少なくなりますが、お天気のいい日には外で活動する機会を多く作っていきたいと思います。
 
こんなことをしてほしいなどのご意見もお待ちしていますのでスタッフにお気軽にお声掛けください。
 
 
 

外出支援

2018-11-13
ぐっと寒さも深まり、冬が近づいていることを感じる今日この頃です。
みなさま、体調にはお気をつけくださいね。
 
さて、先日11月8日に、訪問リハビリステーションとデイサービス家族のきずなの共同事業として、
重症心身障がいをお持ちのお子様とそのご家族とともにわらべ館へ外出をしました。
 
医療の進歩に伴い、呼吸器をはじめとする多くのデバイスが、身体の一部として必要なお子様が多くおられます。
そうしたお子様とそのご家族が、外出をする機会というのは、なかなか得られるものではありません。
たくさんの方の協力のもと、今回の外出支援を実現することができました。
 
当日は秋晴れの青空のもと、大きなバスに乗って出かけました。
わらべ館に入ると、子どもたちの気持ちも大きく動き、
「早く遊びたい!」と元気に動いたり、にこにこ笑顔できょろきょろされたりしていました。
 
2階では全員がバギーから降り、木のおもちゃや音の鳴る遊具に直接触れ、みんなで遊びました。
シーソーに乗ったり、自分で触れた遊具から音が出たりすると、
にこっと笑顔が出たり、表情がイキイキと変化したりしていました。
 
お子様の笑顔を見て、ご家族もスタッフも笑顔になり、
とても楽しい時間を過ごすことができました。
 
たくさんのご協力をいただきました、わらべ館のスタッフのみなさま、
また、同行してくださいました小児在宅支援センターの玉崎先生に、この場をお借りしてお礼申し上げます。
 
今回の取り組みでは、多くのことを学ぶことができました。
お子様とご家族の笑顔を見ることができ、今後も外出支援の機会をつくっていけたらと思いました。
 

工作づくり

2018-11-05
先日スタッフが段ボールで”あいうえおパズル”を作成したので紹介したいと思います。
 
パズルの種類は豊富に取り揃えていますが中々”あいうえお”のものが見つからずスタッフが作ります!と作ってくださいました。
中々言葉にあうイラストが思いつかないものもありましたが他スタッフと協力し楽しく作り上げました。
 
子どもたちにも人気で4歳児のお子様にもイラストをみながら楽しくお勉強して頂いています。
 
とてもカラフルで作ってくれたものを一生懸命に使ってくれるのはスタッフとしてもとてもうれしく思います。
 
また、もう一枚の写真は季節の工作作りを行っている写真です。
今回は秋にちなんでミノムシときのこづくりを行いました。
 
目を書く子、模様を書く子、シールをたくさん貼る子など様々で
個性があふれた作品となっています。
一人の男の子はミノムシをクワガタにする!!と張り切って作っていました。
完成した作品は本当にクワガタのようで、体の部分を半分に切りミノムシのつらさがる部分を二つ付け頭に見立てたりと思考力がすごくスタッフ一同びっくりさせられました。
 
十人十色という言葉がありますが本当にその通りで色々な作品が仕上がっています。
 
季節ごとに作成するものもスタッフのお手製のものでとても素晴らしいものになっています。
 
冬はどんな作品になるか楽しみですね。
 
 

お散歩日和

2018-10-25
 
最近は天気がよく、日向ぼっこが気持ちよい日が多くあり外に出る機会が増えとてもうれしく思います。
 
今週はシャボン玉やお散歩を楽しむ機会が多くありましたので投稿したいと思います。
 
シャボン玉では息で吹く棒のタイプ、銃のような形のものなどありお子様が好きな物を選んでお友達と仲良くテラスで楽しみました。
 
上を向きすぎて割れたシャボン玉が顔にパシャッとかかる子や勢いよく拭いてすぐに割れてしまう子、上手に銃のようなものが使いこなせず必死な子。
 
最初はみんな硬い表情でしたが、慣れていくうちにとても笑顔になり、「みてみてー!」とスタッフに見せてくれました。
できないからやらない、とあきらめるお子様はいませんでした。
お友達としているからこそ集中ができて夢中になれ、時にはライバルになる。
そんな関りだと素晴らしいと私は思います。
 
お散歩に出た際は道端に綺麗なダリアが。
思わずお子様とパシャリ、とてもお花が似合います。
 
冬になる前に自然ともっともっと触れ合えたらいいですね。
 
 
TOPへ戻る