本文へ移動

Relieve blog

施設のできごとや行事、イベントなどの様子を更新していきます。
ブログ担当:網尾
RSS(別ウィンドウで開きます) 

ビニールバルーン遊び

2020-06-09
晴れたり、雨が降ったり天気の移り変わりが多いこの時期。暑い日は30度を超える日も増えてきました。
体調管理に加え熱中症対策も必要ですね。
 
今回はリリーヴでの活動の様子を紹介します。
みんなで楽しめる遊びとしてビニールバルーンを行いました。
大きなビニールに子ども達がお絵かきをして、
ビニールの真ん中のくぼみにキラキラのボールや白いフワフワの発               
砲スチロールをおき、スタッフがビニールを上下して遊びました。
 
ビニールが上下すると、キラキラボールがふわっと浮いたり、ビニールの上をころころとしたり、、、。
 
 
視覚的な変化があり子どもたちも目でキラキラボールを追っていました。
また、上下することでビニールの音が鳴ったり、風が吹いたりと様々な感覚を感じることが出来ます。
色々な感覚に子どもたちも楽しそうで目をキラキラとさせていました。
 
みんなで一緒に行える遊びは楽しい感情や感覚を共有できるのがいいところですよね。
これからも楽しい遊びを提供していきたいと思います。

鯉のぼり

2020-05-08
GWがあっという間に終わると、早くも汗ばむような暑さを感じたり、かと思えば急に寒くなったりと寒暖差が激しい今日この頃ですね。
みなさん体調をくずされていないでしょうか?

さて、今回は活動の様子をご紹介したいと思います。
5月といえば鯉のぼりということでそれぞれ好きな色の紙や絵の具を使って鯉のぼり作りを行いました。
掌や指、手の側面、足の裏などいろいろなところに絵の具をつけ、スタンプのようにおしたり、紙の上をすべらせてみたり、鯉のぼり作りを通して、手から入るいろいろな感覚を楽しみました。
鯉のぼりは環境の良し悪しにかかわらず、立派に成長し、立身出世するように願って飾られるようになったとも言われています。
活動を通して、子ども達が楽しみながら成長していけるようスタッフ一同サポートしていきたいと思います。

きらきらしょっぷ

2020-03-17
ニュースでも取り上げられているように桜が咲く暖かい季節がやってきましたね。
先日、子供たちと青島にお出かけに行き桜をみてきました。
今年のお花見はどうなる事か見当もつきませんがドライブがてら子供たちと
春の訪れを感じたいものです。
 
さて、今回は子供たちが今はまっている活動をお伝えします。
女の子はとっても喜びにこにこ幸せそうにしてくれるその名は”きらきらしょっぷ”。
 
マニキュア・指輪づくり・ヘアゴムづくり
 
女の子になって帰っていく姿に保護者の方も大喜びしてくださります。
完成し、鏡で自分でチェックするときは”にやにや~”っと
とっても満足そうな表情がたまりません。私たちもにやにやしてしまいます。
 
自分の手を使って製作する、これをご褒美の活動として何かをやりきる、
色などを自分で決めて製作する、色々な目的で活動を行うことができます。
 
写真のすべての材料が100円均一で手に入りますのでぜひご自宅でもしてみて下さい。
ちなみに指輪はモールとビーズで製作されていますよ。
 

エアーレスリングリングでスムーズレン

2020-02-21
 
先日、Relieveに新しい感覚遊び用具が加わりました。
写真ではわかりにくいかもしれませんがとても大きなエアーのレスリングリングです。
このリングでは子供たちが自由に遊び色々な感覚刺激を感じ、スヌーズレンを行っています。
 
ゆらゆらゆれる感覚、身体が浮かぶような感覚、また、光刺激を取り入れ少し暗闇の空間でリラックスタイム、、、
好きな感覚もあれば嫌いな感覚ももちろん子供たちによって違います。にっこりしたり、怒ったり、泣いてみたり。
様々な表情を見てスタッフも一緒になって楽しみます。
 
先日は呼吸器をつけている子にも楽しんでもらえないかと色々な面に気をつけながら遊ぶことが出来ました。
変わった感覚に最初は涙を見せていましたが、慣れてくると楽しくなりもっとしたいと、お友達と楽しむこともできました。
 
 
 

新型コロナウイルスにはマスクより…

2020-01-31
題名に挙げた通り、ニュースでも世間を騒がせている”新型コロナウイルス”
 
鳥取県内も店舗によってはマスク品切れの様子が見られるようです。
さて、新型コロナウイルスに対してはどのように心構えをしておけばよいのでしょうか。
 
なんと、WHOが推薦している今すぐできる予防方法はマスク着用より石鹸を使用した手洗いだそうです。
インフルエンザ対策と同じように手洗いうがいをまず第一に行うことが大切ですね。
 
そして咳エチケット。人へ飛沫感染させないためにも大切な咳エチケット。
マスクをしていることがもちろん良いですが、マスクをしていない場合の咳の仕方として多くの方が
両手、もしくは片手で口元を覆うように咳やくしゃみをしてると思います。
ですがこれもまたその手に菌が乗っかり接触感染へとつなげていくのです。
そこでWHOは肘で口元を覆うようにすることが良いと推薦しています。
 
また、手指消毒には消毒用アルコール(70%)、
物の表面などには次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)が効果的とされています。(厚生労働省による)
 
新型コロナウイルスのみではなく、まだまだインフルエンザも少なくありません。
まずは手洗いうがい、咳エチケットを心掛け感染しない、させないを徹底しましょう。
TOPへ戻る