本文へ移動

Relieve blog

端午の節句

2021-05-18
カテゴリ:日常,イベント
あっという間に春が過ぎ去り、徐々に蒸し暑い日も増えてきました。
雨が続く日も増え、季節は早くも梅雨へとさしかかりました。
 
5月には端午の節句という男の子のお祭りがあります。
 
端午の節句は、別名菖蒲(しょうぶ)の節句と言われ、3月3日のひな祭りに対して、武士の家で菖蒲=尚武(武道や武勇を大切にする)の節句として男の子のお祭りと意識され始め、健やかに力強く成長することを願い、祝うようになったのが始まりなんだそうです。
 
5月の制作では、そんな端午の節句にちなんで「こいのぼり」と「金太郎」をつくりました。
 
こいのぼりは、ペンや絵具、花紙をちぎるなど、こどもたち一人一人が得意な方法や、感覚を楽しめる方法を一緒に選択して、色鮮やかに仕上げました。
出来上がった「こども鯉」たちは、青いビニールでスタッフが作ったこいのぼりに並べて飾り、Relieveの天井を彩る大きな真鯉となりました。
 
金太郎は紙コップに顔を書き、髪と腹掛けを糊で貼って作りました。
せっかく作ったので、子どもたち同士で、金太郎トントン相撲春場所を開催!
スタッフも一緒になって力いっぱいトントントン!
たくさん勝つと、大関メダルや関脇メダルをゲットできるとあって、みんなやる気満々で挑みました。
TOPへ戻る