本文へ移動

ブログ

施設のできごとや行事、イベントなどの様子を更新していきます。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

外出支援

2018-11-13
ぐっと寒さも深まり、冬が近づいていることを感じる今日この頃です。
みなさま、体調にはお気をつけくださいね。
 
さて、先日11月8日に、訪問リハビリステーションとデイサービス家族のきずなの共同事業として、
重症心身障がいをお持ちのお子様とそのご家族とともにわらべ館へ外出をしました。
 
医療の進歩に伴い、呼吸器をはじめとする多くのデバイスが、身体の一部として必要なお子様が多くおられます。
そうしたお子様とそのご家族が、外出をする機会というのは、なかなか得られるものではありません。
たくさんの方の協力のもと、今回の外出支援を実現することができました。
 
当日は秋晴れの青空のもと、大きなバスに乗って出かけました。
わらべ館に入ると、子どもたちの気持ちも大きく動き、
「早く遊びたい!」と元気に動いたり、にこにこ笑顔できょろきょろされたりしていました。
 
2階では全員がバギーから降り、木のおもちゃや音の鳴る遊具に直接触れ、みんなで遊びました。
シーソーに乗ったり、自分で触れた遊具から音が出たりすると、
にこっと笑顔が出たり、表情がイキイキと変化したりしていました。
 
お子様の笑顔を見て、ご家族もスタッフも笑顔になり、
とても楽しい時間を過ごすことができました。
 
たくさんのご協力をいただきました、わらべ館のスタッフのみなさま、
また、同行してくださいました小児在宅支援センターの玉崎先生に、この場をお借りしてお礼申し上げます。
 
今回の取り組みでは、多くのことを学ぶことができました。
お子様とご家族の笑顔を見ることができ、今後も外出支援の機会をつくっていけたらと思いました。
 

工作づくり

2018-11-05
先日スタッフが段ボールで”あいうえおパズル”を作成したので紹介したいと思います。
 
パズルの種類は豊富に取り揃えていますが中々”あいうえお”のものが見つからずスタッフが作ります!と作ってくださいました。
中々言葉にあうイラストが思いつかないものもありましたが他スタッフと協力し楽しく作り上げました。
 
子どもたちにも人気で4歳児のお子様にもイラストをみながら楽しくお勉強して頂いています。
 
とてもカラフルで作ってくれたものを一生懸命に使ってくれるのはスタッフとしてもとてもうれしく思います。
 
また、もう一枚の写真は季節の工作作りを行っている写真です。
今回は秋にちなんでミノムシときのこづくりを行いました。
 
目を書く子、模様を書く子、シールをたくさん貼る子など様々で
個性があふれた作品となっています。
一人の男の子はミノムシをクワガタにする!!と張り切って作っていました。
完成した作品は本当にクワガタのようで、体の部分を半分に切りミノムシのつらさがる部分を二つ付け頭に見立てたりと思考力がすごくスタッフ一同びっくりさせられました。
 
十人十色という言葉がありますが本当にその通りで色々な作品が仕上がっています。
 
季節ごとに作成するものもスタッフのお手製のものでとても素晴らしいものになっています。
 
冬はどんな作品になるか楽しみですね。
 
 

お散歩日和

2018-10-25
 
最近は天気がよく、日向ぼっこが気持ちよい日が多くあり外に出る機会が増えとてもうれしく思います。
 
今週はシャボン玉やお散歩を楽しむ機会が多くありましたので投稿したいと思います。
 
シャボン玉では息で吹く棒のタイプ、銃のような形のものなどありお子様が好きな物を選んでお友達と仲良くテラスで楽しみました。
 
上を向きすぎて割れたシャボン玉が顔にパシャッとかかる子や勢いよく拭いてすぐに割れてしまう子、上手に銃のようなものが使いこなせず必死な子。
 
最初はみんな硬い表情でしたが、慣れていくうちにとても笑顔になり、「みてみてー!」とスタッフに見せてくれました。
できないからやらない、とあきらめるお子様はいませんでした。
お友達としているからこそ集中ができて夢中になれ、時にはライバルになる。
そんな関りだと素晴らしいと私は思います。
 
お散歩に出た際は道端に綺麗なダリアが。
思わずお子様とパシャリ、とてもお花が似合います。
 
冬になる前に自然ともっともっと触れ合えたらいいですね。
 
 

お散歩日和

2018-10-22
 
暖かい日が続きお出かけがしやすい季節となりました。
 
10月18日、真教寺公園にお出かけにいきました。
木曜日ということもあり、ふれあいの体験をさせていただくことができました。
一人のお子様はモルモットを膝にのせて少し怖がりながらも一緒に写真を撮りました。恐る恐る触れる姿が愛らしかったです。
天気が良く暖かかったこともあり、みんな動物に夢中でした。
 
真教寺公園は鳥取市にある無料で動物たちに会える場所です。
サル、ハクチョウ、インコ、ウサギ、クジャク、亀、ヤギなどがいてとても楽しめます。
 
お近くに行った際はぜひいってみてください。
また、保護者様からのこんなとこへお出かけしてほしいなどのご意見もお待ちしておりますのでお気軽にスタッフにご相談ください。

段ボールで滑り台

2018-10-09
暑さも少しづつなくなり過ごしやすい気候となってきました。
 
今回は段ボールで滑り台を作成したので公開したいと思います。
 
家族のきずなにはおもちゃはたくさんありますが、遊具のようなものはブランコのみしかなく、滑り台などあったら子供たちが喜ぶのではないかとずっと考えていました。そこで、段ボールが数えきれないほどあったので作成を試みました。ネットを頼りに作成図を検索しましたがなかなか良いサイズのものが見つからず作成図はなし。試行錯誤で挑みました。
注意する点はどんな子供も滑れて安全なもの。小さいお子様から高校生のお子様まで利用しているのでできれば年齢関係なく滑れる滑り台を作成したいと思いました。大きさ、頑丈さ、階段の上りやすさ、ほかの遊びをしていてぶつかっても安全なもの。
 
すべてを考慮し出来上がったのがこちらの滑り台です。
土台にたくさんの段ボールを敷き詰め職員がのっても壊れないものに仕上がりました。階段部分は4歳ほどの子供も登れる高さ、また、上ることで行える筋力トレーニングを取り入れれるように階段の幅は少し大きく仕上げました。段ボールですのでぶつかっても危険は少なく、表面には子供たちが自由にお絵かきをしていただけます。完成品を目にした子供たちはとてもうれしそうに滑ってくれました。
 
滑り台を使用する際、順番を守る、正しい使用方法をするなどのマナーも学べます。
固定にはガムテープやひもを使用しましたので見た目はとてもいいとは言えませんが、子供たちの自由な絵などでとても良いものになりました。
歩行困難な子供も職員がサポートし遊んでいただけます。普段見ることのない表情をされたり、本当に楽しそうに滑ってくださる姿をみて作成してよかったなとおもいました。
 
 
株式会社ライフデザイン
〒680-0061
鳥取県鳥取市立川町6丁目207番地
TEL.0857-77-3007
FAX.0857-77-3217
1.訪問看護
2.通所介護
3.児童発達支援
4.放課後等デイサービス
5.
TOPへ戻る